とても懐かしい駅

私が大学を卒業したのはもう20年以上前。その時の最寄り駅に、電車で行ったことはもうほとんどありません。ところがひょんなことから、そこに行く用事ができてしまいました。

だいぶん遠いけれど、とてもわくわくしながら行きました。当時のように、お洒落をして乗り継いでいきました。その駅に着くまでも道中とても懐かしくて、学生の時にもっとまだまだしておけばよかったと色々思い出されました。

今からそれをする時間もあえて選択はしないけれど、時間は本当にあっと言う間だと思い知らされながら、駅に降り立ちました。

当時とは違う姿なっていました。どんどん新しくなっていくんですね、なんでも。再開発も進んで、でもうれしくてまだまだこれから頑張れるなと、やる気が起きました。

そこでの用事は仕事と関連しますが、その仕事は本当に好きな仕事、それを思い出の町でできたことは、なにかのご縁だと思いました。

帰ってしまうのはなんだか夢から覚める気持ちでしたが、現実に戻りつつもエネルギーチャージになりました。今日のように、懐かしい場所に行くことは、元気が湧くんだと感じたので、そういう場所は大事だと思いました。

そして帰って、仕事の片づけに追われたけど、それも次へつながる道だなと、疲れていても前向きにできました。http://neo-standard-sengawa.com/