輝くなどの意味を勉強した

言葉の意味を勉強しました。加賀簑とは加賀の国で産する上質の簑のことです。白く細い草でつくり、肩の上に萌糸で編んだ網をかけて用います。鏡開きとは武家で正月に供えた鏡餅を下げ、割って食べた行事のことです。鏡蒲団とは裏布を表布より大きくし、余った布を表に折り返して縁どる形で縫った蒲団のことです。鏡餅とは、丸く平らにつくった餅のことです。鑑みるとは先例や手本にてらして考えることです。屈むとは、体の一部が前方に曲がることです。加賀紋とは衣服の模様の名、月や花を図案化した紋を極彩色で描いたものです。輝かし・耀かしとはまぶしいほどである、てれくさいという意味です。輝かす・耀かすとはまぶしいほど光らせる、きらびやかにするという意味です。輝く・耀くとはまぶしく光る、美しく光輝くという意味です。香がゆとは香りが漂うことです。耀ふとはきらきらと揺れて光る、きらめく、ちらつく、少しずつ見えたり隠れたりするという意味です。http://www.julesbianchisociety.org/